行政書士試験に合格しよう

行政書士とは?

行政書士(ぎょうせいしょし)とは、官公署(省庁、都道府県、市町村、警察署、保健所その他の行政機関等)に提出する書類などを、他人の依頼を受け報酬を得て作成の代理等を行う者のことをいいます。

行政書士になるには、行政書士試験に合格した者のほか、一定期間公務員として行政事務を担当するなどの要件が必要になります。

もともと人気資格であったこの資格、数年前人気漫画「カバチタレ」がドラマ化された効果で、さらに行政書士の名が広く知れ渡りました。

資格試験に合格するには?

行政書士の主な仕事

通信講座で資格試験に合格しよう

行政書士は、会社設立や許可申請などの書類作成を行う専門家で「街の法律家」などとも呼ばれます。
官公庁等に提出する許認可申請書類等や、契約書・遺言書等の作成・代理などが、行政書士の主な仕事となっています。

また、それらの相談やコンサルティング業務のほか、作成できる書類は数千種類もあるといわれ、業務範囲の広い国家資格といえます。

[行政書士が作成できる主な書類]
•・建設業許可申請
••・農地法関係
••・会社設立
••・相続・遺言
••・産業廃棄物許可関係
•・•風俗営業許可関係
••・自動車登録
••・外国人の出入国事務関係

続きを読む>行政書士が作成できる主な書類

行政書士のおすすめポイント!

・キャリアアップの武器に!
 受験資格がなく、比較的取りやすい法律系の国家資格試験です。
 企業の法務・総務部門で高く評価されるだけでなく、就職・転職の際に役立ちます。

・将来的に扱う業務も多様化しニーズは拡大!
 「相続」、「外国人関連業務」、「産業廃棄物」等、行政書士が扱う業務は時代と共に広がっていきます。
 高齢化社会における相続の問題や医療分野など、需要がつきることはありません。

独立開業も可能な資格試験!
自宅を事務所にすれば、少ない資金での独立開業も可能な仕事です。
また、行政書士は国家資格試験なので、一度試験に合格すれば一生有効なのも魅力です。

また資格取得は自己啓発はもちろん、就職・転職に有利なだけでなく、在職中の方は社内での評価が高まり、キャリアアップや資格試験合格による手当、昇給などメリットがたくさん!

まずは、ご自分の空いた時間を有効活用して、行政書士の資格取得を目指しましょう!

行政書士のオススメ通信講座はこちら >

追証