HOME > 行政書士の試験について
試験について解説

行政書士試験の概要

受験資格
年齢、学歴、国籍等に関係なく、どなたでも受験することができます。

試験日
毎年11月の第2日曜日

試験場所
総務大臣が定め、都道府県知事が財団法人行政書士試験研究センターに委託して全国47都道府県で行われます。
各都道府県の大学など(約70ヶ所)が、試験会場の場合が多いようです。

行政書士試験について

試験の科目及び方法
・試験の科目
試験科目は、業務に関する法令として憲法、民法、行政法、商法、基礎法学があり、業務に関する一般知識として政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解がある。また、行政書士法、戸籍法、住民基本台帳法、労働法、税法等も一般知識として出題されることもあります。

行政書士の業務に関し必要な法令等(出題数46題)
行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14題)

・試験の方法
@5つの選択肢から1つを選びマークシートにマークする択一式試験
A40字程度の記述式(法令科目のみ)試験

合格基準
試験全体で60%以上の得点をしていること
(法令科目で50%、一般知識で40%の得点)

※試験問題の難易度により、補正的措置が採られることがあります。


行政書士試験/受験者データ


実施年度
受験者数
合格者数
合格率
平成13年度
61,065人
6,691人
10.96%
平成14年度
67,040人
12,894人
19.23%
平成15年度
81,242人
2,345人
2.89%
平成16年度
78,683人
4,196人
5.33%
平成17年度
74,762人
1,961人
2.62%
平成18年度
70,713人
3,385人
4.79%
平成19年度
65,157人
5,631人
8.64%
平成20年度
63,907人
4,133人
6.47%
平成21年度
67,348人
6,095人
9.05%
平成22年度
70,576人
4,662人
6.60%
平成23年度
66,297人
5,337人
8.05%

数年前、行政書士の活躍を描いた人気漫画「カバチタレ」がドラマ化された効果で、行政書士という職業が広く知れ渡りました。そして、現在も試験の受験者数は増加傾向にあります。

どのぐらい増えているかというと、平成元年の受験者数は21167人だったのに対し、 平成22年度の受験者数は70576人と約3倍以上にもなっています。

しかし、合格率は10%以下の比較的難関資格で、ここ数年も見ても、合格率は5%〜9%で推移しています。このようなことから、行政書士試験に「合格」するには、通信講座などを利用した効率的な学習を心がける必要があると言えるでしょう。

行政書士のオススメ通信講座はこちら >