HOME > 行政書士の仕事と役割
行政書士試験に合格すると

行政書士の主な仕事

行政書士は、会社設立や許可申請などの書類作成を行う専門家で「街の法律家」などとも呼ばれます。
行政機関に提出する許認可申請書類等や、契約書・遺言書等の作成・代理などが、行政書士の主な仕事となっています。

また、それらの相談やコンサルティング業務のほか、作成できる書類は数千種類もあるといわれ、業務範囲の広い国家資格試験といえます。

[行政書士が作成できる主な書類]
•建設業許可申請
•農地法関係
•会社設立
•相続・遺言
•産業廃棄物許可関係
•風俗営業許可関係
•自動車登録
•外国人の出入国事務関係

行政書士試験に合格後は

スポンサードリンク

行政書士が作成できる主な書類

試験に合格すると作成できる書類は数千種類!

このページで取り上げたのは、ほんの一例。
行政書士試験に合格すると作成できる書類は、なんと数千種類もあるといわれ、書類作成のスペシャリストとも言われています。

•自動車登録 > 自動車の車庫証明を取りたい
自動車の車庫証明手続きなど、身近な手続きも行政書士が行うことが出来ます。
申請には、平日に2度も警察署に足を運ばなければならないので、仕事等が忙しい方、時間の余裕がない方など、こんな方には資格試験に合格した行政書士は頼りになる存在です。

•建設業許可申請 > 建設業を始めたい
一定規模以上の建設業を始める場合は、国土交通大臣または都道府県知事の許可が必要になります。
行政書士は、建設業の許可条件を満たしているか否かの判断をして、必要な書類の作成および申請を依頼人に代わって行います。

•農地法関係 > 自分の畑に家を建てたい
農地を農地以外(住宅地・工場用地・駐車場・資材置場など)にする場合、農地転用の許可申請をする必要があり、行政書士はこれらの手続きを行うことができます。
また、農地の売買をする場合にも許可が必要になります。

•会社設立 > 新しく会社を興したい
株式会社、医療法人、社会福祉法人、学校法人、組合などの法人を設立をする場合も、行政書士はその依頼人に代わって法人の設立手続を行うことが出来ます。
また、会社設立後にも関係官庁への手続などのお仕事があります。

•風俗営業許可関係 > 飲食店、遊技店を開店したい
飲食店や遊技店を開店するには、営業開始前に保健所や警察署に必要書類を提出して、その店舗が基準を満たしているかどうか確認を受けなければなりません。
飲食店なら飲食店営業許可、麻雀店などは風俗営業許可が必要になり、行政書士は依頼人に代わって許可申請を行うことが出来ます。


行政書士のオススメ通信講座はこちら >